かさかけのまつ

笠懸の松(下り松)

【所在地】

大和町宮地花池字下り松

【交通】

名鉄名古屋本線「妙興寺」駅より西へ徒歩8分

【由来】

この地は、 日本武尊 (やまとたけるのみこと ) が笠を懸けて小休止した跡といわれる。

【ひとくちメモ】

ゴルフ練習場西側 道路は一方通行(北向き)です。説明板あり。

ななついし

七つ石剣研石

【所在地】

大和町戸塚字東郷

【交通】

名鉄名古屋本線「妙興寺」駅より西へ徒歩20分

【由来】

大きな石が七つ程あるので「七つ石」と呼ばれるが大小合わせると18個程の石群。日本武尊が熱田の森(熱田神宮)から伊吹山に向かう途中、この石で剣を研いだという伝説から「剣研石」ともいわれる。

【ひとくちメモ】

大和町戸塚の集落内。火の見やぐら南側。道路が狭い。

さごへい

佐吾平の碑

【所在地】

明地字新田橋上南

【交通】

名鉄バス西中野行き「吉藤口」停東へ徒歩5分 

【ひとくちメモ】

記念碑のある一角が公園のように整備されている。
佐吾平遭難遺跡碑(昭和30年建立)・由来説明碑(昭和56年建立)。

てるてひめそでかけまつ

照手姫袖掛け松

【所在地】

牛野通2丁目

【交通】

県道名古屋 一宮線「牛野通」交差点北、自動車販売所を東へ、すぐの道を北に入る。

【ひとくちメモ】

神明社境内北側に松の大木が数本ある。
石碑(昭和60年建立)、説明板あり。

※史跡の見学については、特別な記載があるところ以外、駐車場はありませんのでご承知おきください。