一宮市街鳥瞰図

大正・昭和期の一宮地方は、地場産業である毛織物業の発展と共に飛躍的な経済発展を遂げ、昭和8年(1933)には初めての都市計画事業を行い、都市街路網の整備、町名改正の実施など、今日の一宮市の基礎となる“街”が形成されました。その後、昭和20年(1945)の大空襲により街は壊滅的な打撃を受けましたが、焼け跡に復活した三八市場を中心に、先輩たちは失われた時を求めて奔走し、昭和30年代には毛織物産業の黄金期を迎えました。
 それぞれの鳥瞰図によって、その当時の様子をうかがい知ることが出来ます。

鳥瞰図とは?

空を飛んでいる鳥の目で見おろしたように描いた図

昭和9年鳥瞰図

昭和9年鳥瞰図

発行:一宮觀光協會・昭和9年・表面カラー刷/中面1色刷・印刷折本 吉田初三郎 図 鳥瞰図サイズ770×176mm

拡大図

PDFファイルによる、鳥瞰図の拡大イメージがご覧頂けます。


鳥瞰図の表面

鳥瞰図の裏面



昭和27年鳥瞰図

昭和27年鳥瞰図

発行:一宮市観光協会・昭和27年・表面カラー刷/中面1色刷・印刷折本 吉田初三郎 図 鳥瞰図サイズ532×250mm

拡大図

PDFファイルによる、鳥瞰図の拡大イメージがご覧頂けます。


鳥瞰図の表面

鳥瞰図の裏面


当ウェブサイトでは、より快適にお楽しみいただくためにアニメーションやビデオなどを使用したコンテンツを用意しています。
コンテンツをお楽しみいただくために必要なプラグインを下記に表示していますので、お持ちでない方はこれを機会にぜひご入手ください。